イラスト専門学校と漫画専門学校にはどんな違いがあるの?

今やスマホの普及した現在では、漫画を読んだり、アニメをみる事がより簡単になりました。

漫画やイラストに憧れてを持つ若者は、その様なジャンルに携わる仕事へ憧れを抱く事もあります。

今回は絵という共通点を仕事にするまでに通る道の違いをご紹介いたします。

イラスト専門学校と漫画専門学校の違いってなに?

漫画家とイラストレーターは同じ絵を描くという職業なので混同されがちですが実際には異なる職種です。

将来何がしたいかにより専門学校を選び分ける必要があるので、今回はイラスト専門学校と漫画専門学校の違いをご紹介致します。

漫画専門学校

漫画専門学校では漫画を描くためのスキルが養成されるカリキュラムが用意されています。

デッサン、クロッキーはもちろん、キャラクターの描写、背景などの原稿作成に特化した内容になっています。

その中でもコースが細分化されている専門学校もあり、漫画家を目指すコースと、ノベル作家や、シナリオライターを目指すコースに分かれる場合もあります。

イラスト専門学校

一方イラスト専門学校では、アニメ制作やデザインに特化したカリキュラムが用意されています。

もちろん漫画家専門学校と同じくデッサンやクロッキーの授業もあります。

そこに加え特徴的なのが、色彩や配色についての理論、キャラクターデザイン、CGを用いた着彩テクニックなどが織り込まれた内容になっています。

おすすめページ:私が絶対おすすめするイラスト・アニメ・デザイン専門学校・通信講座ランキング

将来はどんな職業を目指せるのか

ではそれぞれの専門学校は具体的にどの様な職業につけるのでしょうか。

ひとつずつご紹介致します。

漫画専門学校

誰もが志望して入学するであろう漫画家になれるのは、ほんの一握りの選ばれた人材です。

他にも、背景描写などに秀でた才能を開花させるとアシスタントとして漫画家のサポートに入ったりする事も可能です。

人気漫画家のアシスタントに入ると、多くの人があなたが手を入れた漫画に夢中になります。

また、ストーリーやシナリオの構成に興味を持つと、漫画家原作者といった道もあります。

自分の考えた構想が漫画となり世の中に出るのは原作者として何より達成感を得られます。

漫画作成のノウハウを学んだ経験を生かし、出版社に就職する卒業生も居ます。

漫画家と共に漫画を生み出す作業をする編集者という立場になり、漫画づくりに取り組むという楽しみを味わえます。

イラスト専門学校

イラストレーターとなる事は漫画家として活躍する程は困難ではありません。

どうしてかというと、活躍の幅がとても広いからです。

就職先としても豊富な求人があります。

そして、就職という道を選ばずフリーランスで働くイラストレーターも最近では珍しくありません。

世の中に存在するほとんどの物はイラストが関係しています。

ファッション関係であったり、書籍のデザインや挿絵、商品のパッケージ、ポスター、バナー作成、ホームページ管理、雑誌に使われる素材など数え始めるときりがありません。

出身のイラスト専門学校がアニメに関するカリキュラムが特化されていれば、アニメ制作会社に就職してアニメーターとして活躍するパターンもあります。

イラストレーターやアニメーターとしての活躍を経て、キャラクターデザインの方に転身される方も多く見受けられます。

どちらも専門学校に行かないとなれない職業なの?

漫画家もイラストレーターも資格、学歴は問われない為、専門学校で学ばなくても漫画家とイラストレーターは名乗る事ができます。

しかし、独学で技術を磨き、仕事を貰い売れっ子の作家になる事は至難の技です。

実際に独学で売れっ子となった人はわずかです。

独学で学びながらチャンスを待っているよりは、専門学校に通いきちんとしたカリキュラムにより育成されたスキルを身につけている方が社会に出た際有利になる事は確かです。

専門学校では様々なカリキュラムにより自分の進むべき道を模索する事が出来ます。

まず独学という学習をしていると、必ずいつか壁にぶち当たります。

何をして、どう乗り越えればよいか分からないといった状況になった時、多くの人はそこで挫折してしまいます。

専門学校はそんな状況にならない為の役割もあるのです。

困った時には先生にいつでも質問できるという環境は非常に恵まれています。

独学で学んでいる場合、いくらSNSが発達し、色々な人に出会えるという時代になったとはいえ、貴重な時間を割いて親身に相談に乗ってくれる経験者は多くありません。

専門学校を卒業してしまうと、ほとんどの場合その後は独学で学んでいく状況となります。

専門学校で短期間に凝縮された内容を身につけられるとなれば、2年から3年費やす事は総合的に見て夢に近づく近道だと言えます。

もちろん在学中に秀でた個性が見つかればいいのですが、個性を伸ばすには卒業後からでも遅くはありません。

そういった面で専門学校への進学はおすすめです。

まとめ

以上がイラスト専門学校と漫画専門学校の違いでした。

進学を決める時点で、自分はどの様な絵に関する仕事がしたいかによって選ぶ専門学校が決まります。

夢へといち早く辿り着く為に、この記事が少しでも参考になれば幸いです。