イラストについて学ぶ方法として専門学校に通うのを他の方法と3つの観点から比較した結果

イラストについて学びたいと思ったときに専門学校に通うのが本当に良いのかと悩む人もいるでしょう。

他にもイラストについて学べる方法はあるのは確かです。

代表的な学び方について3つの観点から比較した結果を紹介します。

イラストについて学ぶ4つの方法

イラストについて学ぶ方法の選択肢には主なものが4つあります。

どんな方法があるかをまずは理解しておきましょう。

専門学校に通う

専門学校に通って学ぶのはイラストに関わる能力を身につける方法としてよく用いられています。

通常のコースでは全日制になっていて平日の昼間に通って授業を受ける仕組みになっています。

初心者でも一人前になれるようにカリキュラムが組まれていて、講師や他の学生たちとコミュニケーションを取りながら学べるのが特徴です。

独学する

イラストは独学によって学んでいくこともできます。

テキストを購入して読んだり、参考書を参照しながら実際にイラストを描いたりして学んでいくことになります。

仕事をしながらでも自由に学べるのが特徴で、独学で学んでいる人も少なくありません。

通信教育を利用する

イラストについて学べる通信教育もあります。

申し込むと自宅に教材が送られてきて、同封されているスケジュールに従って自分で勉強をするのが一般的です。

自宅学習ではあるものの、描いたイラストを送って評価してもらうといったサービスも含まれている場合がほとんどです。

家庭教師を雇う

家庭教師を雇ってイラストを学ぶという方法を選んでいる人もいます。

プロのイラストレーターや引退した人に依頼して指導を受けるのが一般的なやり方です。

レベルに合った指導を受けられることで定評があり、特にイラストレーターとして経験を積んできた人が利用している傾向があります。

学べる内容の適切さ

まずは学べる内容について比較してみると、専門学校に通うと網羅性が高いのがメリットになります。

知識と技術を両方とも学べるのは専門学校の特徴で、カリキュラムもしっかりとしているので取りこぼしなく理論に基づいてイラストを描けるようになります。

ただ、知っていることも授業を受けなければならないという点は独学や家庭教師に比べて劣ってしまうでしょう。

独学や通信教育のように学ぶ時間についての自由もなく、毎日学校に通って授業を受けなければなりません。

学ぶ期間についても一人前になるためには二年間通う必要があるのが一般的です。

独学や家庭教師の場合にはこの点でも自由度があり、通信教育は半年から一年くらいのコースが大半を占めています。

学べる内容が広く深い分、拘束される部分も多いということは専門学校のデメリットとして認識しておくと良い点です。

費用負担の大きさ

イラストについて学ぶのにどのくらいの費用がかかるのかも気になる点でしょう。

イラストの専門学校に通うと授業料だけで年間100万円以上になり、さらに教材費などもかかるので150万円くらいは想定する必要があります。

独学であれば参考書の費用しかかからないので、年間でせいぜい数万円でしょう。

通信教育や家庭教師の場合にどのくらいかかるのかを比較してみるのが重要になります。

通信教育ではかなり費用に幅があり、安いものなら半年で5万円前後、高いものでは1年で50万円程度です。

家庭教師では頻度や時間、教師のレベルによってかなり差がありますが、時給5000円で2時間、月間10日教わったとすると月10万円になるので年間では120万円です。

このように比較してみると専門学校は費用がかなり高くなるのがデメリットでしょう。

ただ、その分だけ講師につきっきりで教わることができる時間も長くなっています。

就職先の見つけやすさ

イラストについて学んだら就職したいと考える場合が多いでしょう。

就職先の見つけやすさについても比較してみると、専門学校がかなり優れていることがわかります。

専門学校は職業斡旋も行っているので卒業するときには企業からの求人を紹介してもらうことができます。

推薦をしてもらえるケースもあることに加え、専門学校のネームバリューを評価してもらえることもあるので就職では有利になります。

特に二年制の専門学校に通った場合には学歴もつくので履歴書にも拍が付きます。

独学の場合にはこのような斡旋を受けることも、勉強したことによって学歴ができることもないので完全に実力で就職先を探すことになります。

家庭教師の場合にもその教師が個人的なコネクションを持っていない限りは就職に特に有利になる点はありません。

通信教育では就職に関するコンサルティングをしていることはあります。

ただ、求人紹介まではしてくれないのが普通で、カリキュラムをこなしても学歴は付きません。

このようにして考えると専門学校を卒業するのが最も有利になるのでおすすめです。

まとめ

イラストの専門学校は費用負担はやや大きいという問題はありますが、初心者でもイラストレーターになれるようなカリキュラムが組まれています。

就職もしやすいように職業斡旋もしているので魅力的な学び方の一つです。