イラストの専門学校の卒業後にはどんな道を選べるのか

専門学校に通う目的として、卒業後には仕事をして稼げるようになりたいという場合が多いでしょう。

イラストの専門学校を卒業したらどのような道を描くことができるのでしょうか。

どんな可能性があるのかを紹介するので参考にして下さい。

イラストレーターとして企業に就職する

イラストの専門学校を卒業後に選ばれている道として最も多いのがイラストレーターになる方法です。

卒業してからすぐに企業に採用されて働いている人も多いですが、なぜこの道を進むケースが多くて実績も優れているのでしょうか。

イラストレーターとしての基礎を網羅的に学べる

イラストの専門学校を卒業してから企業でイラストレーターになる人が多いのは、そもそもイラストレーターになりたいという気持ちで入学した人が多いのも理由です。

ただ、それだけではイラストレーターになれないもの確かで、専門学校に通っている間に企業に認められるような力を付けなければなりません。

イラストの専門学校では初心者でもイラストレーターとして仕事をするために必要な基礎を習得できるようにカリキュラムを組んでいます。

学べる内容の網羅性も高いので企業にとっては将来に期待できる人材として捉えてもらいやすく、就職先を確保しやすいのです。

専門学校の実績とサポートを活かせる

専門学校を卒業すると専門学校自体のネームバリューや実績を活かせることからもイラストレーターになる人が多い傾向があります。

卒業生の多くがイラストレーターになっていて、各社の現場で活躍しているでしょう。

それを考慮すると企業としてはもう一人イラストレーターが欲しいというときに、同じ専門学校の卒業生なら安心だと考えてくれるのです。

このようなコネクションを活かせるようにするために専門学校も就業斡旋のサポートをしています。

このような実績とサポートをうまく使えることからおすすめの進路です。

フリーランスのイラストレーターになる

イラストレーターになるケースではフリーランスをする人もいます。

専門学校を卒業した後の進路としてはマイナーですが、大きな成功を遂げている人も少なくはありません。

なぜマイナーな進路なのか、成功している人は何が違うのかを理解しておきましょう。

フリーランスを選ぶ人が少ない理由

フリーランスのイラストレーターになる道を選ぶのが少数派なのは敷居が高いからに他なりません。

自分は成功できる能力があるという自信がないと独立して仕事をしていくのはためらってしまいがちです。

人気を獲得できれば大きな収入や名声を手に入れられますが、全然案件を取れないと収入を得られなくなってしまいます。

そのリスクを考えてフリーランスは最初から考えていない人も多いのです。

独立して成功している人の特徴

フリーランスをしようと考えて卒業後に独立して成功している人は何が違うのでしょうか。

多くの成功者に共通しているのは、在学中にクライアントの候補を見つけていることです。

展示会に参加したり、企業が募集している仕事に応募したりして経験を積みつつ、企業に名前を知ってもらえるように努力しているのです。

これによって独立したときにも営業活動をしやすく、学生の時点で目をかけていてくれればすぐにでも仕事をもらえる可能性が高くなります。

スキルを習得してイラストレーター以外で仕事をする

イラストの専門学校を卒業してからすぐに仕事をせずに、別のスキルを習得している人もいます。

この場合にはイラストレーター以外を目指している場合がほとんどですが、どのようなスキルを学んでどんな仕事をしているのでしょうか。

イラストをアニメーションへ

イラストを動かすことでアニメーションができあがり、アニメやゲームなどの制作に携われるようになります。

アニメーターも兼ねられるようにイラストの動きも手掛けられるようにツールの使い方を学んでから就職しているケースはしばしばあります。

イラストを動画へ

イラストを使った動画制作のスキルを身につけて仕事をしているケースもあります。

動画制作の担当者として就職するケースもありますが、動画を制作して投稿することにより広告収入を得ているケースも少なくありません。

イラストを描ければオリジナルの動画を作れるので、YouTuberやVTuberとして活躍している人もいます。

CGとの組み合わせへ

イラストだけでなくCGも学んでから働こうとしている人も大勢います。

映像制作を手掛けている現場ではイラストとCGを両方とも使えるスキルがある人材が重宝されているからです。

専門学校ではCGについても学べる場合もあり、同時にスキルを習得してから卒業している人もいます。

まとめ

イラストの専門学校の卒業後の進路はイラストレーターになるのが主流ではあるものの、企業で働いている人もフリーランスをしている人もいます。

他のスキルを学んで自分なりの働き方をすることもできるので、色々な可能性を考えてみるのが大切です。