プロのイラストレーターになるためには専門学校に通うだけでは難しい2つの理由

イラストレーターとして働いて稼いでいけるようになるために専門学校で学ぼうと思う人もいるでしょう。

ただ、プロになるには専門学校になるだけでは難しいことも知られています。

その理由を2つ紹介するので対策を考えてみましょう。

プロになるには独自性が必要だから

イラストレーターとして生計を立てられるようになるには独自性が必要だからというのが大きな理由です。

専門学校に通っても独自性のあるイラストを描けるようにならないのでしょうか。

専門学校は基礎を学ぶところ

専門学校はイラストを描けるようになりたいという人のために基礎を教える目的で開校されています。

イラストの描き方や描画に関する理論を学び、実際に自分で作品を作っていくことで実践的に習得するというのが専門学校の一般的な特徴です。

多くの学生が全く同じ授業を受けているので、知識も技術も周りにいる学生と同じようなものになってしまいます。

そのため、独自性が専門学校のカリキュラムをこなすことで育まれることはあまりありません。

むしろ、均質的な授業を受けて、同じ講師からの指導を受けることにより他の人と同じような感性を持つようになってしまうこともあるので注意しなければなりません。

独自性が生まれるかはケースバイケース

実際には専門学校を卒業してすぐにプロのイラストレーターとして活躍している人もいます。

このようなケースとして多いのは、もともとイラストが得意で普段からたくさん描いていた人がスキルアップのために専門学校に通ったというものです。

ただ、初心者でイラストの専門学校に通い、卒業してそのままプロになっている人もいないわけではありません。

このような人はただ漫然と授業を受けるだけではなく、自分で時間を作ってイラストを描く練習を重ねていたケースが大半を占めています。

就学期間をうまく使って積極的に独自のイラストを描けるようなろうと努力することが必要なのです。

プロになるにはスキルを高く評価してもらう必要があるから

スキルを高く評価してもらわなければならないのも、専門学校に通うだけではプロになるのが難しい理由です。

専門学校に通っても評価を受ける機会はないのでしょうか。

授業での評価はあっても表には出ない

専門学校では授業科目ごとに試験を実施して単位を出すかを判定する仕組みになっています。

授業ではイラストのスキルに関する評価を受ける機会があるのは確かです。

しかし、その評価はあくまで成績判定のためのものであって外部に出す指標ではありません。

そのため、専門学校に通っていかにスキルアップができたとしても、ただ授業を受けているだけでは企業に知ってもらうことができないのです。

スキルの均質性が問題になる

独自性が重視されるというイラストレーターの特徴はスキルの評価にも大きな影響を及ぼします。

専門学校を卒業したという学歴はできるので、就職活動をするときやフリーランスで案件を獲得するときにはスキルがあるとアピールすることはできるでしょう。

その学歴をどのように捉えるかが相手によって異なるので注意しなければなりません。

専門学校で学んだことによって他の人と同じ均質なスキルを手に入れたと捉えられると独自性が低いと見なされて評価が低くなるのです。

ただ、基礎をきちんと身につけているからこれから花咲くかもしれないという期待を込めて採用してくれることもあります。

将来性は評価してもらえる可能性はあるものの、プロとして働けるとは認めてもらえないことが多いのです。

専門学校を卒業してプロになるための対策

このような状況を考慮して、専門学校を卒業してプロになるにはどうしたら良いのでしょうか。

独学を並行して行う

プロになるために何よりも重要なのは、他の人との差別化を図ることです。

ただ専門学校を卒業すれば十分と考えずに、独学を並行して行いましょう。

知識、技術、発想力などといった色々な観点から自分自身を開発していきましょう。

差別化できるポイントが多くなるほど独自性が生まれてプロになれる可能性が高まります。

実績を作っていく

高い評価を受けられるようにするには実績を作るのが最も効果的です。

世の中に公開できるくらいのイラストを描けるようになったら積極的に実績を作り上げていきましょう。

イラストそのものを制作販売するというのが昔からよく行われていましたが、学んでいる段階では難しい場合がほとんどです。

例えば同人サークルを作って一緒にイラスト集を制作して販売する方法があります。

また、インタネットサイトを用意してオリジナルギャラリーを公開しても良いでしょう。

イラストを使って動画制作を行い、YouTubeなどで配信する方法もおすすめです。

できるだけ多くの人に目に触れるようにすると実績ができるだけでなく、評価も受けられるようになっていきます。

まとめ

プロのイラストレーターになるには専門学校に通うだけでは独自性を磨けず、世間的に高い評価を受けることも困難です。

専門学校で学びながら、独学や実績を作るための活動を並行して行っていくことでプロを目指しましょう。