液タブ『UGEE UG-2150』は優れた視認性を実現!

Ugee UG-2150 21.5" ペン タブレットモニター ペンディスプレイ Pergearクリーンキット付属 IPSパネル HD解像度 (21.5" IPS Monitor+2 Pens+2 USB Cables)

液タブは、アナログに近い環境で、デジタルのイラストを制作できる事から、多くのイラストレーターたちから高い人気を集めています。

しかし液タブには様々な機種が販売されていて、視認性(見やすさ)が悪い機種もあるので、液タブを購入する際には注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『UGEE UG-2150』です。

この液タブは、それほど高額な機種ではないのに、視認性が優れているのです。

そのため、デジタルのイラストを制作しやすくなっているので、本製品について紹介するので、確認してみて下さい。

UGEE UG-2150の視認性

Ugee UG-2150 21.5" ペン タブレットモニター ペンディスプレイ Pergearクリーンキット付属 IPSパネル HD解像度 (21.5" IPS Monitor+2 Pens+2 USB Cables)

液タブは、板タブ(液晶を採用していないペンタブ)とは違って、ペンタブ本体にイラストが映し出されるので、視認性は作業効率を左右するものです。

そこで、本製品の視認性について詳しく紹介するので、液タブを購入しようと考えている方は、見ていきましょう。

高解像度

液タブにも、パソコンと同じように『解像度』というものがあります。

この解像度はドット(点)の集まりを指していて、1つのドットには色を表示する事ができるのです。

マス目としてイメージすれば理解しやすいかと思いますが、同じ大きさの画面でも、10マスしかない絵と100マスもある絵では、使用できる色の数は10倍も開きがあります。

そのため、解像度が高ければ多くの色を表示できるので、美しいイラストを映し出す事ができるのです。

そして本製品の解像度は、1920×1080もあるので、美しい色彩やなめらかな線を表示できるので、創作意欲をかきたててくれます。

IPSディスプレイ

本製品は『IPSディスプレイ』を採用していて、このIPSとは、視野角が広くなっているので、違う角度から見ても色彩が変更しないように見えるのです。

実は、液晶には様々な種類があって、TN・VA・IPSなどがあるのです。

その中でも視野角が広くなっているのが、IPSになります。

しかし、ペンタブレットを違う角度から見る必要があるのか困惑してしまう方はいるかもしれません。

実は、イラストを制作している場合には、定期的に遠くから離れた所から確認したほうが、間違えた描き方を発見しやすくなっています。

そのため、デジタルのイラストを制作している方にとって、本製品がIPSディスプレイを採用しているのは注目すべきポイントです。

21.5インチ

液タブはペンタブレット本体の液晶画面にイラストが映し出されるので、大型サイズになっていなければ、イラストが見えづらくなってしまいます。

そのような事になれば、視力がよほど良い方でなければ、イラストを拡大しなくてはいけないので、手間暇をかけてしまいます。

ところが、本製品は『21.5インチ』になっている事から、視力が少し低くなっている方でも、イラストを拡大しなくても制作しやすくなっているのです。

そのため、本製品であれば、細かい所を描かない限りはイラストを拡大する必要がないので、作業を効率化する事ができるのです。

本製品の魅力的な機能

本製品は視認性が優れているだけではなく、魅力的な機能も搭載しています。

そこで、どのような機能が搭載されているのか紹介するので、この液タブを詳しく知りたい方は参考にしてみて下さい。

高さ調整

液タブを利用する際には、ペンタブレット本体に映し出されるイラストを見なくてはいけまん。

しかし液タブは、パソコンデスクに寝かせて設置しなくてはいけないので、パソコンのディスプレイよりも低い位置になってしまうので、頭を傾かせなければイラストを見ることができません。

そこで本製品は、ペンタブレット本体の高さを調整する事ができるようになっています。

そのため、ペンタブレットを少し立てる事ができるので、肩や首にかかる負担の軽減を実現しました。

筆圧機能

本製品には『筆圧機能』が搭載されていて、2048レベルもあるのです。

この筆圧機能とは、専用ペンにかける力の入れ具合を調整する事によって、線や色の太さをコントロールできます。

そのため、専用ペンにかける力を強めれば太い線や色を描けて、専用ペンにかける力を弱めれば線や色を細くして描く事ができるのです。

実際に2048レベルもあれば、太い線から細い線までの幅が広くなっているので、入りや抜きなども描きやすくなります。

そのため、キャラクターの輪郭線・眉毛・髪の毛などを描きやすくなっています。

RPS

筆圧機能のレベルが高くなっていても『RPS』が優れていなければ、イラストを効率よく制作する事は難しいです。

このRPSとは、筆圧を感知できる機能なので、RPSが優れていなければ専用ペンに力を入れても、ペンタブレットがあまり反応しない場合があるのです。

そして本製品のRPSは、220もあるので、筆圧が感知しやすくなっています。

そのため、あまり力を入れなくても、線や色を引きやすくなっているので、イラストを効率よく制作できるのです。

商品情報の内容

本製品の視認性や機能を把握できても、商品情報も把握しておかなければ、液タブを購入してから後悔する可能性があります。

そこで本製品の商品情報も紹介するので、この液タブを購入する前に確認してみて下さい。

使用可能な環境

液タブとパソコンを併用する場合には、本製品に対応可能なOSをパソコンにインストールする必要があります。

そして本製品に対応可能なOSとは、Windowsは2000・XP・Vista・7・8で、MacはOS 10.2.6以降になっています。

そのため、これらのOSがパソコンにインストールされていなかったら、まずはパソコンのメモリの空き容量を確保してから、新しいOSをインストールして下さい。

ただしOSをインストールしたらデータがなくなってしまうケースもあるので、念のためにバックアップを取ってから、OSをインストールしたほうが良いです。

コストパフォーマンス

本製品は視認性や機能が優れている事もあって、値段が少しだけ高くなっています。

実際に本製品は、Amazonでは、送料無料ですが、税込価格64,999円になります(2018年2月18日時点)。

実際に中国のブランドHUIONでは、液タブが50,000円前後で販売されている機種はいくつもあるのです。

ただし、その他のブランドでは高額な機種になれば、300,000円以上になる物もあるので、本製品のコストパフォーマンスはそれほど悪いほうではありません。

利用者たちのレビュー

本製品はHUIONに比べれば、少しだけ値段が高くなっているので、この液タブを購入するべきか悩んでしまったかもしれません。

そこで本製品のレビューを紹介するので、この液タブを購入するべきか、参考にしてみて下さい。

好意的なレビュー

本製品を利用している方たちの中には、液タブ本体の高さを調整できる所を満足している方がいました。

実際に現代の日本では、低い位置にある物を見続ける事によって、湾曲している首がストレートになる症状『ストレートネック』に悩まされている方は多くいます。

もしもストレートネックになってしまえば、肩こりや首こりに悩まされるようになるので、高さ調整できるのは本製品の大きな魅力です。

さらに本製品は21.5インチもある所を気に入っている方もいました。

そのようなケースもあったので、小さいサイズのペンタブレットが操作しづらい方にも、本製品はおすすめです。

否定的なレビュー

本製品には日本語の取り扱い説明書が付いてきますが、その内容は理解しづらくて、不満を抱いている方がいました。

実際に液タブの操作に慣れている方であれば、理解する事はできるかもしれませんが、液タブを全く操作しなかった方は理解しづらいかもしれないので、注意して下さい。

そして本製品を紹介する動画を紹介された方がいましたが、その動画はすでにリンクが切れているケースがあったのです。

そのため、液タブを利用した事がない方には、慣れるまで時間をかける可能性があるので、気を付けて下さい。

まとめ

液タブは液晶画面にイラストが映し出される事から、本製品のように視認性が優れているのは注目すべきポイントです。

ただし利用者たちの中には、操作方法が分からなくて、悩んでいる方がいました。

そのような注意すべきポイントもありますが、視認性だけではなく機能も優れているので、コスパにこだわる方は本製品を購入してみる価値があります。