HUION 19インチ 液タブ GT-190の魅力的なポイントは?

Huion 液タブ 液晶ペンタブレット GT-190 19インチ  2048レベル  WindowsとMacに両方対応

アジアでは中国の経済発展の勢いが凄まじくて、その液タブにも及んできました。

実際に、中国メーカーのブランド『HUION』の液タブを利用する日本人が増えてきました。

そしてHUIONの『HUION 19インチ 液タブ GT-190』は、低価格なのに、高性能になっています。

そのため、今まで液タブを購入したくても高額で手が出せなかった方には、興味深い機種だと思うので、詳しく紹介します。

HUION 19インチ 液タブ GT-190の特徴

多くの方たちは、低価格になっている家電製品と聞いたら「強引にコストを下げていて、品質が悪い」と思っているでしょう。

所が、中国は日本よりも人件費が安いので品質をあまり下げなくて、魅力的な液タブを低価格で販売できる事を実現しているのです。

そこで、本製品の優れているポイントについて紹介するので、確認してみて下さい。

筆圧レベル

ペンタブには板タブ(通常タイプのペンタブ)や液タブ(液晶タイプのペンタブ)がありますが、どちらとも共通して言える事があって、それは専用ペンにかける筆圧で線や色をコントロールできるという点です。

本製品にも『筆圧機能』が備えられていて、筆圧レベルが2048もあるので、専用ペンにかける力加減で、線や色の太さを調整しやすくなっているのです。

実は、2048レベルという数値は、ワコムの上位機種と同じ数値(2018年1月18日時点)になります。

そのため、コストパフォーマンスの高い機種を探してる方には、本製品はおすすめです。

解像度

液タブは、パソコンのディスプレイと同じように『解像度』というものがありますが、この解像度について詳しく知っている方は少ないでしょう。

実は、解像度とういうのは点を表すもので、解像度の数値が大きくなっていれば、数多くの点を表す事ができるのです。

本製品の解像度は1440×900になっているので、横方向に1440の点と、縦方向には900の点を表す事ができます。

多くの点を表す事ができれば、なめらかな線やグラデーションを映し出す事ができるので、本製品は美しい環境でイラストを製作できるのです。

19インチの大きさ

液タブはペンタブ本体にイラストが映し出されるので、液タブの大きさは重要なポイントになります。

なぜなら液タブ本体が小さなサイズになっていたら、専用ペンをなぞれる作業領域が狭くなっているので、イラストを製作する事が難しくなります。

さらに作業領域が狭ければ、視力の低い方はイラストの画像を拡大したり縮小したりしなければいけないので、手間暇をかけてしまうので注意しなければいけません。

しかし本製品は19インチもの大きさになっているので、視力の低い方でも見やすくなっている事から、イラストを製作しやすくなっています。

角度を調節

液タブはアナログのイラストを製作するような環境に近いので、今までペンタブを利用した事がない方でも、短期間で慣れる事ができます。

ただし液タブは寝かせて使用する事になるので、パソコンのディスプレイよりも低い位置にあります。

そのため、液タブを見ながらイラストを製作していたら、頭部を傾ける事になってしまうので、肩こりに悩まされやすいので注意しなければいけません。

そこで本製品は角度を調節できるようになっていて、90度近くまで立ち上げられるので、肩や首にかかる負担を軽減できます。

本製品を上手に使うコツ

液タブを使用してこなかった方は、本製品を購入しても、上手に使いこなせない可能性があります。

そこで本製品を効率的に使用できる方法をいくつか紹介するので、確認してみて下さい。

デジタルのソフト

デジタルのイラストを製作してこなかった方は、意外に思うかもしれませんが、ペンタブだけではイラストを製作する事はできません。

実は、ペンタブの他にも、パソコンやデジタルのイラストを製作できるソフトなどが必要です。

実際にデジタルのイラストを製作できるソフトはいくつかあって、その中には『CLIP STUDIO PAINT』というソフトがあります。

このソフトは、デジタルのイラストやアニメを製作するために作られたものですから、このソフトを選んでおけばデジタルのイラストを製作しやすいです。

全て液タブを利用

液タブは専用ペンを使用して、イラストを製作できるようになっていますが、マウスを併用する事も可能です。

しかし専用ペンとマウスを併用していたら、パソコンデスクに様々な道具を置く事になりますし、専用ペンからマウスに手を持ち変えていたら、効率的にイラストを製作できません。

そのためデジタルのイラストを製作できるソフトを利用する際には、線や色を引く以外の作業でも、液タブの専用ペンを利用して実行して下さい。

本製品の商品情報

本製品の特徴や使用方法などを分かってもらえた所で、次に本製品の商品情報も紹介するので、この液タブを詳しく知りたい方は参考にしてみて下さい。

必要なOS

液タブには、それぞれ対応できるOSが違っているので、本製品を利用する際には、まず自分のパソコンに対応できるOSがインストールされているのか確認する必要があります。

実際に本製品に対応できるOSは、Windowsは7・8・8.1・10で、MacはOS X 10.8.0以降になっているのです。

実際にOSがなかったら、インストールすれば良いのですが、空き容量が少ないパソコンに新しいOSをインストールしたら、フリーズしやすくなるので注意して下さい。

コストパフォーマンス

本製品は高性能な液タブになっているので、中国の人件費が低いとは言え、本当に低価格な液タブなのか心配になってきた方は多いかもしれません。

所が、本製品は、Amazonでは送料無料で税込価格40,993円で購入する事ができるのです(2018年1月18日時点)。

実際に数多くある液タブの中には、200,000円前後で販売されている機種がいくつもあります。

そのため、コストパフォーマンスの高い液タブを利用したい方は、本製品を検討してみる価値があります。

利用者たちの使用感

本製品はコストパフォーマンスの高い液タブになっていますが、本当に性能が良いのか半信半疑の方も多いでしょう。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、本製品を購入するべきか悩んでいる方は、どのような使用感になっているのか参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品は19インチの大きさになっているので、操作しやすくなっている所を満足している方がいました。

そのため本製品を利用していれば、腕を大きく動かして、勢いのある線を引く事ができます。

さらに本製品は解像度が高くなっている事から、それほど映りが悪くなっていない所を気に入っている方もいたのです。

実際に美しい環境であれば、創作意欲があまり低下する事もないので、気持ちよくイラスト製作に集中する事ができます。

否定的な口コミ

本製品の専用ペンは充電式になっていますが、あまり固定する事ができなくて、簡単に抜け落ちてしまう所を気にしてしまう方がいました。

実際に専用ペンを落としてしまえば、故障する恐れがあるので注意しなければいけません。

そして本製品の機能については不満を抱いていない方がいましたが、上位機種の液タブに比べたら、解像度が悪く感じてしまうケースがありました。

実際に上位機種の液タブの中には、本製品より高い解像度になっている機種があるので、解像度にこだわる方は気を付けて下さい。

まとめ

本製品は上位機種の液タブに比べたら、解像度が少し低くなっていますが、約40,000円の値段になっているのは魅力的なポイントです。

このように低価格な液タブなのに、筆圧レベルが2048にもなっているので、なめらかな線を引きやすくなっています。

そのため、低価格な液タブを探している方は、一度でも良いので本製品を利用してみる価値があります。